順位のチェックはしっかりと

みなさんはこれから投資信託をはじめようという時、どこに投資をしたいと思いますか? やはり投資するからにはリターンの多いところに投資したいと思うのが普通ですよね。 リターンが多いのはどこなのか、みなさん気になると思いますが、もちろんこのような情報は資料としてさまざまな場所に掲載されています。 簡単に言えば「順位」をつけて公開しているのです。 金融系の雑誌などにはよくこのような投資信託のさまざまな順位がランキングとして載せられています。 「人気ランキング」や「運用成績ランキング」など、目にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。 このようなランキングは、投資信託の相談に行くと窓口などで見せられることも多いですよね。 確かに、いまどのような投資信託が注目されているのかはやっぱり気になりますし、実際に投資をするわけじゃなくても、情報として知るのはおもしろいですよね。 投資する、しないはともかく、その業界の動向を知るということは大切なことで、今後を予測するためのキーにもなります。 ランキングで現在の純資産残高や資金流入額などを見ることができるのは、それだけでも興味深いと思います。 これから投資信託をはじめようと思っている人は、業界を知るためにもこのようなランキングを参考にすることは悪くないと思います。 ひとつだけ、注意が必要であるとすれば、ランキングというのは当然ですが数字がベースとなっています。 それだけにその数字がいつのものかということがとても大切になります。 また、どれだけ最新の情報であっても、当然ですがその数字は過去のものです。 しかし、投資で大切なのは過去ではなく、未来です。 未来の動きをどのように予測するのかということが一番大切です。 過去の成績が良かったから、この後もずっと成績が良いとは限りません。 逆に、急に成績が良くなるなんていうケースも、稀にはあるでしょう。 それが投資の醍醐味といえるかもしれませんが、それだけにランキングだけで判断せず、投資をする際には参考程度に留めて、総合的に判断を行うようにしましょう。

↑ PAGE TOP