金額は一定額としておく必要

2014/09/04

これから投資信託をはじめようと思っている人は、いま手元に資産運用のために使える資金がどのくらいありますか? また、その資金はこの先のライフステージの変化などで必要となる可能性はありますか? どのくらいの期間、置いておけるお金なのか、それによっても投資の対象は変わってきます。 投資の場合、熱くなるとつい、投資額を増やしてしまいがちです。 もちろん、時には勝負に出ることも必要かもしれませんが、冷静な判断なしで投資をするのはよくありません。 金額は一定額にして、自分が管理できる範囲、責任のとれる範疇で勝負をすることが大事です。 投資信託は元金を保証していませんので、損をした場合そのお金はマイナスになります。使ったら困るようなお金は、投資に使ってはいけませんし、使う歳にも金額は制限しておきましょう。 リスクを負わないようにすることも、投資では大切なことです。 また、危ないなと思ったら深追いせず、手放す勇気も必要ですし、投資信託はをするには冷静な判断力と、強い精神力も必要となります。

↑ PAGE TOP