まずは学ぶことからはじめるべし

これから投資信託をはじめたいと思っている人は、まずは投資信託とは何か、ということを知るところからはじめましょう。 みなさんは投資信託にどのようなイメージを持っていますか? 儲かりそうなイメージでしょうか、それとも損をしたら怖い……なんていう気持ちでしょうか。 仲にはよくわからないけど、資産運用によさそうなんて思っている人もいるかもしれません。 たしかに投資信託は「金融商品」ですので、資産運用などを考える人向けの商品のひとつといえます。 具体的にいうと、投資信託というのがどのような商品であるのか、ご存知でしょうか。 投資信託の仕組みは、投資家(この場合はたとえば、これから投資信託をはじめようと思っているあなた)から集めたお金をとりまとめてひとつの大きな資金とし、その資金を運用のプロがあなたに代わって、株式や債券などに投資を行い、運用してくれるというものです。 そして、その運用の結果をそれぞれの投資家の投資額に応じて分配をしてくれるものです。 これだけ聞くと、ものすごく良い仕組みのように思えますよね。 資産運用したいなと思っていても、自分の手元の資金だけでは足りない、という人や、資産運用をしたいけど詳しいことはわからないという人もプロが運用してくれるのであれば安心、と思うのではないでしょうか。 もちろん、この仕組み自体はとても良くできた仕組みだと思います。 しかし、注意しなくてはならないのは「運用の結果をそれぞれの投資家の投資額に応じて分配をしてくれる」という部分です。 これは当然利益がでればその利益が分配されるのですが、逆に損益が出た場合には損した分をカバーしなくてはならないという意味でもあります。 投資信託というのは「元金保証」がされていません。 そのため、元々の資産よりマイナスになるリスクもあります。 プロが運用しているんだから……、と思う人もいるかもしれませんが、プロといえども投資に「絶対」はありません。 投資信託を考えている場合にはリスクも考慮して、はじめるかどうか判断してくださいね。

↑ PAGE TOP